1. TOP
  2. ユビタスク施工

技術情報

ユビタスク施工

日本設備工業の
ICTユビタスク施工

業務負荷の軽減、ICT技術のその先へ業務の質を変え、働き方を変える。

ユビタスク施工とは

日本設備工業におけるICT(Internet Communication Technology)を活用した施工の合理化、効率化を目指した取組み、活動全体を総称するものであり、さらにこの意志を社内外に明確なメッセージとして発信するために、ロゴマークの商標登録を行いました。

ユビタスク施工
  • 名前の由来

    「ユビタスク」とは、いつでもどこでも(ubiquitous)、モバイル端末を(指で)使いこなすことにより、負荷軽減(Unburden)を図り、仕事(Task)を「助ける」という意味を重ねた造語です。

  • ロゴマーク

    ロゴタイプは「ユビ」+「Task:しごと」

ユビタスク施工での
ICT活用の概念図

いつでも、どこでも、画面を見ながら、状把握、物確認、場打合せ

横スクロール

横スクロールでご覧いただけます。

ICT活用の概念図

主な活動経緯

  • 2016年3月

    仮称「ユビタスク施工」スタート

  • 2016年6月

    試行現場でアプリ搭載モバイル端末実用開始

  • 2016年9月

    支店にて活用現場拡大

    「ユビタスク施工」商標登録申請

  • 2017年1月

    ユビタスク施工商標登録済 シール制作配布へ

  • 2017年4月

    利用拡大へ

ユビタスク施工の取り組みとこれから

  • 登録商標化を行い、コーポレートサイトや社内広報紙、採用活動において情報を発信
  • アプリ講習会の開催、活用事例紹介を通して、ユビタスク施工を社内に浸透
  • イベントや現場、作業服等でのロゴマーク掲出により、「当社流施工」のブランド化

情報発信

情報発信 情報発信

ロゴシール制作・配布

ロゴシール制作・配布 ロゴシール制作・配布

イベント出展

イベント出展 イベント出展